2024 07/23 本態性振戦[11ヶ月]

昭和30年生 女性
 
こんにちは。
今日の患者さんは「本態性振戦」の方になります。
 
2~3年前から文字を書くのが困難になり病院に行った所、「本態性振戦」と診断。
しばらく様子を見ていたが症状が強くなってきたのでので、こちらにご相談に来られました。
 
症状は「手の震え」「執筆の困難」が気になるとのこと。
緊張するとさらに手が震えるとのことでした。
 
漢方薬は、
 
①自律神経を整える漢方薬
②筋の緊張を解ぐす漢方薬
 
の2種類を組み合わせて出させて頂きました。

漢方服用開始から2ヶ月、手の震えが減ってきているとのこと。
気持ちも落ち着いて調子が良いとのことでした。

漢方服用開始から7ヶ月、当初に比べて明らかに震えが減っているとのこと。

漢方服用開始から11ヶ月、震えを気にせずに過ごせている日が増えているとのことでした。
 
症状に良い変化が見られて安心いたしました。
引き続きこの調子で改善が見られるとなによりですね。

※症状や効果効能は個人差があります。同等の効果を保証するものではないので、ご了承ください。